カウンター

2017年10月24日火曜日

電柱建替え






 台風一過
鱗雲のすきまから逆光

今、家の前で電柱の建替え工事をしていて、
付け替え途中のたるんだ電線がおもしろくて、
写真撮ってみました。
白黒シルエットの風景


猫写真もついでに



来客が来ると絶対姿を見せない、ポンとポコ
 カメラを向けると
睨みつけて(右ポコ)
サッと顔をそらす(左ポン)

相変わらず、ぶちゃいくだけれど、元気です。
ウソ、可愛いよ!!

2017年9月25日月曜日

染帯 リボンと椿



オークションで古い面白い織の白生地を手に入れました。

 織柄

かなりデコボコしていて、ボリュームがある生地です。
これに糸目を引いて彩色できるだろうか? 

普段、古い生地は染めムラができるだけ出ないように、一度水につけてみます。
その時に縮み具合なども確かめます。
 
これだけ厚みのある織なら、水につけて縮みが均等でないかもと、
全面自分で彩色してみることにしました。
安く手に入れた古い生地だから、あまりお金かけたくないし・・
失敗してもともと、好きな物を大胆にやってみようと・・

以前描いてまだ形になっていなかった下図、「リボンと椿」の全面柄
 (商品ではなかなかこんなのできないので)

地模様の流水柄もリボンに合いそうな・・

染め上ったのが最初の写真で、全面に繰り返し柄です。




締めた感じの 後姿 太鼓柄


前柄2通り 2色楽しめます 


名古屋帯はたれ先から太鼓の裏側に見返し部分で裏地をつけます。
この部分までさすがに柄を入れる必要はないと思い、表地の芥子色を染屋さんに染めてもらうことにしました。

すると、


地色を染めた時はまったくムラなく染まったのに、
蒸し(染料を定着させるのに高温で蒸します)終わると、ムラムラになって、
なんとも気持ち悪い模様が浮かび上がったそうです。
(写真で見ると、一見花模様みたいに見えるのですが、実物は気持ち悪い )
たぶん、防虫剤・樟脳・・そういったものと染料が化学反応起こしたんじゃないかと推測・・

初めに生地をしっかり水につけておけば良かったぁ・・・いくら裏地とはいえ大失敗・・・
古い生地は何があるやら、難しい

それで、
 左の紺色は帯裏生地

ムラになった見返し部分を裁って、
全面に裏地をつけて 、袋名古屋帯仕立てにしました。

お金かけたくなかったのに思わぬ出費・・痛・・・

不思議な帯に仕上がって、シンプルな着物に合わせると面白くなりそうです。
失敗も次への経験かな。
 







染帯 唐草

太鼓柄



 前柄

前柄2通りの締め方


唐草は何度か染帯にしています。
今回は少し光沢のある唐草大きめの唐草柄の白生地を使いました。

白生地地模様


少し濃いめの緑みを帯びたグレー地色の染め

これに関してはしっかり柄を全面に入れたいと意識して、空間をあけていません。
せっかくの生地の柄が生かせなかったのが後からの反省点。



2017年9月9日土曜日

しぼんだ朝顔の上のカエル

 とぼけた顔


 ピントが朝顔に合ってしまった


更新できなくて、時間ばかりたってしまうと、ますますできなくなっていました。

その間に作った着物や帯の写真、いただいた着姿の写真、
できなかったお知らせやら、いろいろ・・・ 

またゆっくりアップします。

とりあえず、
今年の朝顔(ちょっと不作だった・・) のしぼんだ花の上で動かないカエルくん。
今日の訪問者が可愛かったので写真だけ

(9月9日は重陽の節句で菊の日なのに、朝顔ネタ・・・ちょっと違うなぁ)


おまけ 久しぶりのネコ写真

なかなか写真撮らせてくれないポコちゃん
ぶちゃいく・・・